邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< LOVER | main | CORNELIUS/SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
椿屋四重奏/Zher the ZOO 2nd anniversary
久々のワンマンなので
そして競争率の高かった演舞だろうので
取り急ぎ簡単にレポすることにしました。
代々木に行ってきました。
はじめまっくすとか、勝手との対バンとか
対バンが決まりはじめたので
今年どれだけ対バンを見に行くか決めるべく
なんとか手に入れたチケットで参戦したわけです。
客層またちょっと変わったかな。
盛り上がり方が毎年ちょっとずつ変わってく。

電子音が鳴って、ゆっくり落ちる客電、照明は赤系。
静かにメンバーが入って来て、そのまま一曲目。
アウトオブ〜はサビがすごく頭に残ります。
サビが残るっていうのは、独特で印象的ってことです。
いいことなんじゃないかなぁ。
けだるい感じが結構ハマってきました。
二曲目三曲目は説明いらない感じ。
やっぱりもう全自動でテンション上がります。
ここ繋げてやってくれると毎回撃ち殺される。

簡単にMC。
ご無沙汰しておりました、みたいなことを。
随分久しぶりだから、皆さんおたまりなってたでしょう?と中田氏。
中♪いつなんどきーも、そなたのねーつを?
安♪おたまりにぃ〜
ちょっと期待した自分が悔しい(笑)

新曲、LOVERはラジオで聞いたときより
鮮やかで椿屋らしい曲だなと感じました。
でも前二曲でフィーバーしすぎたのか記憶薄めです。
トーキョー〜はやっぱり永田氏に釘付け。
横にノリたいなと聞くたび凄く思います。

今回のセットリスト、いつもとかなり違って
いままで後半に畳み掛けるようにやってた曲を
前半にもかなり盛り込んできていました。
こんな早いタイミングで踊り子が来るなんて。
そしてたしかここで中田氏のギターがとっても音ズレ。
チューニングミスでしょうか、大変なことに。
途中から修正してきましたが、驚きました(笑)

がーっとあげておいて、また一息。
「この曲からはじめましょう。
 いや結構もうやってるけど、改めて始めましょう」
と言ってプロローグへ。
メンバーの笑顔率がかなり高かったです。
中田氏の声のびる。安高氏、コーラスにゆとり出てきました。
小寺氏と永田氏は二人顔を見合わせてニコニコ。
次の手つかずはかなり好きな曲なので
聞けるとしあわせです、かっこいいなぁ。
あれだけ音が動いても歌が外さない
その安定感は素晴らしいと思います。

アコギに持ち変えて陽炎、小春日和。
小春日和では中田氏がワイパーをあおっていたのですが
まったりとした手つきであおられたため
阿波踊りにしか見えませんでしたすみません。
陽炎はいつも間違う所をクリアしたと思ったら
他の所で間違えちゃう歌詞っていう。
この辺りからテンション上がりすぎたのか
中田氏が歌詞飛ばしまくります。
アコギを置いてハンドマイク一曲目、共犯では
歌詞間違いすぎてわけわからなくなってしまったのか
一人舞台上で吹き出しはじめる中田氏。
コーラスチームは随分と上達して・・・
一人一人の声が聞こえるようになってきてました。

なぜか「フェロモン!」という曲紹介で熱病へ(笑)
この曲も横ノリしたいなぁ。
ゆったりしたシチュエーションで聞いてみたい曲です。
艶っぽく揺らした後は、サイレンスで空気を尖らせ。
相変わらずこの曲ではトランスモードな中田氏。
パフォーマンスも派手で、見ていて心地よく。

愛憎タイム、ずっとやってた曲じゃないから
一瞬「なんだ?」って思っちゃいました。
「知らないうちにパーマなんて当てやがって!
 おれと反対になっちゃったよ!永田貴樹!」
「一昨日誕生日!31でも子供っぽい!(首振って否定する小寺氏)
がきんちょ!小寺良太!」
あと、バッチグーデカ・・・(一応詳細は別記します)
安高氏がデカ設定で一人語りコントみたいな。

珍しく小寺氏が愛憎でスティックを落としまして。
悔しそうな顔で片手連打してました。
スティックと言えば、小寺氏のスティックが変わって。
黒のから、よく見る普通の色のになってました。
曲によって使い分けてるみたいでしたが・・・
どう違うのか興味津々です。
中田氏のコール&レスポンスを挟んで
やっぱり螺旋階段へ。

せっかく愛憎で盛り上がり、螺旋に行ったのに
ここでギターを持ち、トワを挟んでややクールダウン。
幻惑、空中分解と最後二曲は盛り上がりましたが
個人的にはややちぐはぐというか・・・
アクセル踏んでは離し、踏んでは離し
上がるには上がるけれど、MAXまで行かないような
ちょっとしたもどかしさを感じました。
新しいセットリストに違和感。
新曲が入ってきたら変わるのかなとか
そんな風に思ったりもしてます。

アンコールはLOVERのc/w曲moonlightと君なしを。
ムーンは、まだあんまりピンときてないです。
ストレートな感じの、優しげな曲。
君なしはほんとに舞台上がしあわせそうなので
やぱりつられて笑顔になってしまいます。

MCでは熱視線開催のお知らせ。
三都市開催になって帰ってきた熱視線。
仙台行きたいです、無理だろうけど。いいなぁ。
今まで行きたくても東京は遠いって
来れなかった人も参加できますし
ミニツアーみたいな位置づけで考えればいいのかな。
各地でどんどんワンマンやってくれたらいいです。
やっぱり彼らの世界はワンマンで見ないと。
どっぷり浸るしあわせがあると思うので。

今回はZher the ZOOの二周年イベントということで。
ちょっとお祝いのメッセージを言ったり。
「ここの場所は」と言いながら両手で宙を示した後
「あれ、今の鳥みたい。飛んでるみたい」と
一人ではしゃぎ出した中田氏。
やっぱり今日テンション高かったんですか?(笑)
バンザイ三唱もして、きっちりお祝い。
オープンの時も演舞ありましたもんね。
縁のあるハコ、大事にして欲しいです。
もうUK所属じゃないですけど、絶縁じゃないし。
メジャー行きって色々あるんだろうなーとか
ちょっと思いながらMC聞いてました。

しかし音響毎回辛いですここ。
今回は小春日和あたりまでずっと
中田氏が上げ下げの指示をし続けてました。
新しい振り付けかのような勢いで・・・
毎回言ってる気がしますが、PAさんがんばれ!


客層の変化のせいか
それともセットリストのせいか
全体的にちょっとおとなしかった演舞ですが
新曲に期待しつつ、昔の曲のかっこよさを
今一度再確認できた気がしています。
熱視線、楽しみです!
今年は完売かな。



【セットリスト】
01.out of the world
02.群青
03.舌足らず
04.LOVER
05.トーキョー・イミテーション
06.踊り子
07.プロローグ
08.手つかずの世界
09.陽炎
10.小春日和
11.共犯
12.熱病
13.サイレンス
〜愛憎タイム〜
14.螺旋階段
15.トワ
16.幻惑
17.空中分解

en
1.moonlight
2.君無しじゃいられない

【うろ覚え:麻薬捜査・バッチグーデカ】
(雰囲気だけ感じ取ってください)
ガ、ピー。こちらバッチグーデカ。
代々木のライブハウスにて、客が興奮状態にあるとの知らせを受け
本官はそのライブハウスへの潜入に成功した。
推測するに、これは薬物による興奮に違いない。
これより捜査を開始する。
お前かぁー!(と言いつつ目の前の客の手を掴んでくんくん)
・・・どうやら無実のようだ・・・
お前かぁー!(今度は真ん中あたりの人)
・・・これもシロ?どういうことだ・・・
さては、遠くにいるお前かぁー!
たかしげデカ、調査せよ!(指令)
(永田氏、前に出る。客が騒然とする)
(手を掴んでくんくんする永田氏。色んな悲鳴)
永「異常なし」
なにぃー!

この場にいるものは、セクシャルビートに侵されているな!
エンペラー・オブ・セクシャルビート!中田裕二!

という感じで、かなりうろ覚えですが
こんな感じのミニコント?をやっておりました。
とりあえずメンバーみんな楽しそうでした(笑



【衣装メモ】
・中田氏
髪ストレート、少し切ったかな?頭ちっちゃい…
髭はアゴのみで少し長め。
チャコールグレイに焦げ茶の縁取りのついたジャケット
グレイと紺のストライプTシャツ
(奇怪なことに前面は横縞、後は斜め縞、胸にポッケ付)
黒のスキニーかなりピッタピタをごつめのショートブーツにイン
右人差し指にシルバーリング
ブーツはくとシルエットがキレイでした
ウルトラマンみたいな靴よりいいな

・永田氏
ゆるパーマ!(くせっ毛みたいな感じでした)
黒のビニールっぽいハイネックのジャンパー(服飾用語乏しい)
丈短めで、銀ジッパー上まできっちり上げてました
黒ベルトのバックルが銀でぴかぴか
下は黒パンツ、黒スニーカー
黒とシルバーでクールにまとまってました

・小寺氏
黒の細かいストライプシャツを腕まくり
黒手袋、靴もパンツもベルトも黒づくめ

・安高氏
白シャツ、黒ジャケ、黒タイ、グラサン(でかい)
かなり色の明るいブルージーンズ、黒革靴
右薬指にシルバーリング
指輪つけてるの初めて見ました
何の心境の変化でしょうか・・・
【2007.03.31 Saturday 00:00】 author : ミオ
| 椿屋四重奏 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/129
トラックバック