邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< 近況と今後の予想 | main | ROCKET K リリパ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Trinity Trip
10周年のバンドが三組集まってZeppツアー、の、最終日。

簡単な感想とACIDMANのセットリストは追記にて。
【RIZE】
全然聞いたことなかったんですが
(IWGPでしか知らないバンドでした)
聞いたことある曲がいくつかありました。
10年も活動してるんだもんね。すごいなぁ。
ライブ見るのは多分二度目とかですが
ケンケンの毛柱は凄まじいですね。
ジェシーのお客さんとの絡みぶりも凄かったです。

【ACIDMAN】
二番手で前後のファンが元気そうなので
どのへんで見ようか迷っていたのですが
GGがアリーナで本当に遠かった反動か、前行っちゃいました。

入りのSEで既に煽りまくり、そして波、白くのイントロ。
もうズルすぎる。あがらなかったら嘘だ。
そしてアリーナでは豆マ氏(豆サイズのサトマ氏)だったんですが
ちゃんと指が見える距離って素晴らしいです。
リターニングでキャップはかっとびました。
UNFOLDのラストの指を見る、が目標だったので
あの運指を間近で心行くまで見れて満足の溜め息でした。
サトマ氏前にいたのに周囲がみんな右向いてて
「どうしてこの踊る指を見ないのだ!」と内心憤慨したり。

今回の三組の中では一番浮いてたと思うんですが
やっぱりこの音楽はカッコイイんだとしみじみ思えました。
RIZEみたいな鋭いのもテンフィみたいに暖かくて元気付けるのもいいけど
ACIDMANの静かに沸騰するみたいな音ってやっぱりすごい。

SE)green chord
1.波、白く
2.Ride the wave
3.赤橙
4.Returning
5.REMIND
6.ある証明
7.UNFOLD

【10-FEET】
とにかくメンバーもファンもチョオ元気、本当に元気
しかしながらACIDMANで前行き過ぎて汗だくになってしまい
心底寒かったので途中で着替えに行きました。
わたしに若さと元気があったなら一緒にはしゃぐのに・・・
TAKUMA氏の言葉ってなんか近い感じがしていいですよね。
押し付けがましくない近さがここちよいです。

アンコールのチェリーブロッサムの途中で出演者全員集合。
大木氏とサトマ氏がタオルをぶん回し、イチゴ氏は徘徊してました。
テンフィのファンの有志のみなさんが花咲か隊になってて
ピンク系の折り紙を切って紙ふぶき作ってきてて。
わたしも一ついただいたんですが♪桜咲く♪でそれを投げるんですね!
あちらこちらでピンクの紙ふぶきがぶわっと。
肩車の上からもまかれてて、なんか楽しそうで良かったです。
曲のシメに全員で振り向いたりして(説明難しい・・・)
三組とも楽しそうにしていたのが印象的でした。

最後はみんなで何かしようよっていうことで
楽器を使わずに上をむいて歩こうをZeppにいる人全員で合唱。
はしゃぎすぎてサライを歌いだす大木氏。こらこら(笑)
歌詞曖昧でグダグダでしたが、なんとなくハッピーでした!
ACIDMANは実は今の編成になってから七年しか経っていないので
本当の10周年にまた何か記念になるようなライブがあるといいなぁ。
このメンツで15周年する!って言ってたのでそちらも期待しつつ。
【2007.10.10 Wednesday 00:00】 author : ミオ
| ACIDMAN | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/142
トラックバック