邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< ベスト盤 | main | DEVILOCK4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ミュートマα
1/23放送のミュートマα(TVK)
ゲストで椿屋四重奏。見ました。
全員揃ってた短いインタビュー
折角だからノリで文字起こししました。
曖昧なうにゃうにゃ部分も適当に起こしてます。
さらっとどうぞ。
ゆ→中田裕二
た→永田貴樹
り→小寺良太
や→安高拓郎

や:(アップで)ミュートマあるふぁー!

ゆ:をごらんの皆様、どうも。椿屋四重奏でございます。

(一同礼)

ゆ:ボーカル中田裕二です。

や:ギターの安高拓郎です。

た:ベースの永田貴樹です。

り:ドラムの小寺良太です。

〜不時着スポット〜

・ニューシングル不時着に込めた想いは?

ゆ:まぁタイトルが不時着なんですけど、なんか・・・
  ま、生きてるとその〜みんなね、色々理想を自分の中で
  こう、かかげて・・・ると・・・思うんですけど。
  で、そこに向かって色んな行動を起こしたりして。
  みんないっしょうけんめいやるんだけども
  こう目的地に向かって進んでるけど・・・
  まぁ着いたからって幸せでもないし
  別の所着いちゃって幸せな人もいるしっていう、なんかねぇ?
  それはすごいあるなって思って。
  なんかいろんな…そういう部分で、みんな不時着してるなぁと思って。
  だからすごく・・・あの〜ひょっとしたら、前向きな意味なんですよね。
  不時着。墜落じゃない。

・ラブソングが多いみなさん
 恋の不時着をしたことは?

や:えと・・・夏祭りを一緒に見に行く事になってて・・・

り:いいじゃーん(笑)

や:で・・・次の日見に行く事になってたんで
  その前の日に飲んでたんですよ。

ゆ:はいはい。

や:そしたら〜で、家帰ってバターって倒れるように寝て
  そしたら、その約束の日の次の日だったんすよ、起きたら!

り:うそ〜!どんだけ!どんだけ!寝てたの!(笑)

ゆ:わはは〜すごいな〜!(笑)

や:留守電見たら、もう留守電九件くらいたまってて。

り:うわあ〜最悪だ。

ゆ:不時着ですね(笑)

や:不時着でしたね、これは!

〜後半〜

・ニューアルバムのテーマは?

ゆ:そぉーですね・・・テーマは東京・・・なんですけど。
  あくまでちょっと俺目線では書いてはいるんですけど。
  こう、“嘘と幻”がこう入り組んだような街かなとまぁ思って
  それをテーマにしたんですけど。
  自分達はずっとそういうこう“嘘と本当”っていう・・・
  うん、うそとほんと・・・“現実と非現実”っていうか。
  そういう対比を・・・書いてきたんで・・・
  ま、本当の真実とかそういうリアルなものっていうのは
  その嘘と本当・・・こう両方がないと見えてないって
  そういう意味ですごくリアルに届くアルバムだな・・・
  アルバムなのかな?って思ってますね。

・アルバム制作で大事にした事は?

た:この・・・中田裕二が作り出す世界観が一番・・・すごいと思うんですよ。
  もう、歌詞もそうですし・・・その世界観を・・・
  ・・・あの〜、どんだけ表現できるか・・・
  う〜ん・・・出せるかっていう所が一番・・・やっぱ重要ですよね。

や:えーと、やっぱりあのー曲を作る時点でもうすでにこう
  (指で四角を作って代表の頭にかざして)中田の中には
  めくるめく映像が・・・もうすでにムービーとして・・・

ゆ:(四角を作って)エロどう・・・エロ動画として(笑)

り:(手で×を作りつつ)はいピーピーピー(笑)

ゆ:使っていいですよ〜(笑)

や:やっぱそれを演奏しながらいかに意識できるかっていう・・・
  それを意識しながら弾きますと、曲に命が吹き込まれていく・・・

ゆ:弾きますと(笑)

や:評論家っぽいですけど。

り:リアルで生々しい表現、というか・・・こうシンプル、でも強いみたいな
  そういう表現が楽器にも求められるんで。
  そこをまぁ一番考えたのかな・・・やっぱり。
  それがやっぱこのアルバムである程度自分出せたんで
  そこは良かったなと思います。

ゆ:今まではやっぱ、もうね25以降と言うか、もう27になるんですが
  なんかこう最初はやっぱ若さと勢いだけでね、もってけると思うし・・・
  そういうのが好きな人ってすごい多いと思うんですけど
  そういう部分じゃないロック・・・というか。
  やっぱ、うちら30代を二人とも越えてますし。
  こういう年齢がやるロックっていう、そこはちゃんと意味付けをして
  説得力があること、もの・・・でも落ち着いてるんじゃなくて
  またこう、最初の頃とは違った攻撃性。うん。
  を、持ったものにしたいなと思いながら作ってましたね。

〜不時着とアルバムの宣伝〜

ゆ:春からツアーも始まり・・・あ、ツアータイトル言っときますか?(笑)

や:(アップで)すぃてぃー!おぶ!すぃるばぁー!!

ゆ:(笑)というツアーを。始まります。
  全国34ヶ所、結構くまなく回りますので。

や:くまくま。

ゆ:くまくま(笑)えぇ。ぜひ遊びにきてください。
  椿屋四重奏でしたー。

(一同礼)
【2008.01.23 Wednesday 00:00】 author : ミオ
| 椿屋四重奏 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/152
トラックバック