邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< The Sound of Shimokitazawa〜弾き語りの夕べ〜 | main | 椿屋四重奏/ツアー横浜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
椿屋四重奏/CDでーた
CDでーたのイベント。
出演
abingdon boys school
UVERworld
椿屋四重奏

場所は久々のZEPPでした。
いやーZEPPは広いね。
思う所も色々ある演舞でございました。
セットリストは椿屋しかわからないので、それだけ。
感想は相変わらず驚く程の長文です。



入る前から薄々感じてました。
ドがつくくらいのアウェーだってことは…
どう見ても周りは西川氏目当て。
私、元々西川氏ファンでしたのでね。
なんかあの空気、ちょっと懐かしかったです(笑)

最前はもうぎっしりだったので、2ブロック目へ。
中央までとりあえずいけたので、満足いたしました。

さて、トップはUVERworld
私は予備知識無しで行ったんですけど。
ミクスチャー系の、のせるの上手いバンドだった。
全然知らなかったけど、めっちゃ楽しく拳上げて。
跳ねながら「ああ最前行きたい…」と思ってました。
どうやらアニメのブリーチのテーマソングで有名になったらしいよ。
久保先生の趣味とは違いそうだけど。

二番手、椿屋四重奏
入りのBGMね、変なんだけどいつも流れてるんだよ。
一番手のUVERでも入りのBGあったからね…
客がUVERと椿屋のBGのムードの違いにざわついてましたよ。
明らかにパコ・デ・ルシアだもんね。
何はともあれセットリスト。

成れの果て
舌足らず
プロローグ
紫陽花
熱病
〜愛憎タイム〜
螺旋階段
踊り子
空中分解

今回は結構攻めてるセットリストじゃないかな。
西川氏に見初められた(笑)頃の曲から入り
今の椿屋のウリにしてる曲をやって
熱病あたりから加速して、空中分解で燃え尽きる。
セットリスト的にはかなり良かった。満足。

しかし、会場はイマイチ盛り上がってなかった。
その敗因は何なのか…とりあえず、何よりもまず音響。
中田ギター大きすぎで、ヤスタカギターは小さすぎ。
マイクボリューム上がりすぎ、コーラス細すぎ。
椿屋の場合、ベースは出すぎぐらいで丁度いいけど。
ドラムもっと音上げてくれないと物足りない。
ギター2本のバランスが悪いから、掛け合いがなりたたない。
ドラムが音量小さいから、なんだかリズムが曖昧になる。
中田氏の歌は、風邪快方に向かってるのは分かった。
でもまだまだ全快じゃない感じだったかな。

そしてもう一つ言いたいのが、煽り方。
UVER、a.b.s.と椿屋を分けたのが、煽りだと思うんですね。
椿屋は楽曲のタイプ上、あんまりガンガン暴れるのもおかしい。
でも、このセットリストは熱病以降、暴れていいと思うの。
なのにイマイチ盛り上がらなかったのは、初めて見た人が
「前半のノリ」を「椿屋のノリ」だと勘違いしちゃった事が原因かと。
踊り子あたり、ファンは踊ってナンボだってわかってるけど。
何せこの日の客は「成れの果て」ではじめ手拍子した位ですから。
そこで椿屋(主に中田氏)が、愛憎タイムあたりからこう
「もっと来い!」というのをダイレクトに伝えてあげないと。
そういう所の、客とのコミュニケーションのとり方。
これが今後の課題じゃないでしょうか。

私はもう、開き直って周りを見ずに踊り狂いました。
温度差激しくてちょっと周りに溝できちゃってた…

最後はa.b.s.
一言で言おう。やっぱすげぇよ。
西川氏久々に見ましたが、老けないね〜!
マイクちょっと下げすぎだったけど。
ドラムが凄く厚みがあって、若干押されてたけど。
それでも、歌というか…パフォーマンスとして完成度高い。
どう動けばいいのか、どういう空気を作ればいいのか。
そういうものがきちっとつみあがってる感じ。
英語はまあ、相変わらずアレな発音でしたけど。
それを「まあいいか!」と思わせる歌の勢い。
変なお立ち台(踏み台みたいなの)さえも有効活用できちゃう。
だって今中田裕二が踏み台乗ったら客みんな吹くでしょう。
西川氏乗るとめっちゃ盛り上がるからね…

一箇所難点をあげるなら、水噴射かな。
めっちゃ被ったんですよ、西川氏の吹いた水とか。
飲みかけペットボトルから振りまいた水とか(笑)
あれって、ワンマンなら全然良いけど、イベントではNGだよ。
来てるのは一つのバンドのファンだけじゃないんだから。
まあ、それさえも若干空気で「まあいいか!」だったから凄い(笑)

さて、こう三組の感想を述べたわけですが。
今回もひしひしと感じたのは「対バンって難しい」って事です。
a.b.s.以外の二組は、西川氏のファンにとっては完全に前座になってた。
全部楽しみにした人も沢山いただろうけど。
それでも、大部分が「西川氏を見に来た」客だったように感じたのね。
対バンありのライブで全部を楽しむのって、そんなに難しいかな?
私はそんなに難しいとは思わないんですよ。
とりあえず聴いてみよう、楽しもうって気持が大切だと思う。
それがあれば、棒立ちとか、目当て以外のバンド演奏中に喋るとか。
そういうのは無くなっていくんじゃないでしょうか。

今年私が行くのは後はフェス以外は全部椿屋ワンマンなんですけど
来年度も「対バン」というもののあり方については考えていきたいです。
イベントとしては非常に面白かったので、CDでーたに感謝。
【2005.11.24 Thursday 00:00】 author : ミオ
| 椿屋四重奏 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
CDでーたPRESENTS MUSIC EVOLUTION 06 in Zepp Tokyo
UVERworld 『CHANCE!』 『(タイトル不明)』 『PRIME』 『(タイトル不明)』 『(タイトル不明)』 『D-technolife』 『Just Memory』(来年1月25日発売の新曲)含む5曲 ↓ 椿屋四重奏 『成れの果て』 『舌足らず』 『プロローグ』 『紫陽花』 『熱病』 メン
| Heine or Miguel ver.3 | 2005/11/26 1:35 AM |