邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< 椿屋四重奏/sexual beat education@柏 | main | 椿屋四重奏/熱視線検Endless Game〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
椿屋四重奏/sexual beat education@下北沢
ようやくまとめたんですが、うまく言葉が出てきませんでした。
下北公演、セットリストと感想は追記にて。

柏とセットリストは同じだろうなと思っていたので
少し心にゆとりを持って参加出来た下北沢。
Queで椿屋がやるのって、実は久々だったんですね。
後のカーテン赤いイメージだねとか話ながら、開演を待つ・・・
ちょっと予想外だったのは、前に柵でなかったこと。
最近の椿屋の押しを思い出すと怖いから、簡易柵借りるよねって
そういう話を連れとしてたんですが、無かったです、柵。
ちなみに、柏が下手だったので、今回は上手で見させていただきました。

さて、SEが鳴ってメンバー入場。
柏で「聞いたことある」と帰りにずっと思ってたあの曲。
友人のピアノの十八番であるショパンの「革命」だと思い出しました。
これを書いているのは、AXまで三回見た後なのでこじつけみたいですが
この柏、下北、AXの三公演は椿屋にとっての「革命」だったんだろうと
そう思えばあのドッキリ面白SEも納得です。

新曲の「幻惑」も心構えを持って聞くと、すっと入ってきますね。
この曲はドラムだと信じているので、小寺氏メインに見ました。
いやー、パワフル・・・そしてとても楽しそう。
柏より舞台に奥行きが無いので、ドラム近くていいです。
♪ただ僕等は〜♪というサビがすごく残る感じ。

細かい一曲ずつの感想を述べるのは難しいんですが
下北公演、何よりも印象として残っているのは
「中田裕二が非常に楽しげ」というものでした。
柏は少し緊張しているように見えて、前半こっちまで緊張したんですが
下北は柏をこなした余裕なのかなんだかわかりませんが
二日前にワンマンをやった後という感じはほとんど無く。
喉も不安定だったのは数回どまり。
去年のツアー後半のような、搾り出すような声だとか
苦しそうな空咳だとかはほとんど無く、それにほっとしました。

にこにこと笑みを振りまきながら、前にガンガン煽りに出てきて。
かなりぎゅうぎゅうと前に詰められ、苦しかったです。
特に上手への煽り率がとても高く、事あるごとにぎゅうーと(笑
押したり押されたりというのもやっぱりライブの醍醐味ですが
前に柵ないので、基本前傾というか、恐かったですよ。
いつかこのまま将棋倒しに?みたいな恐怖もありつつ。
あ、でも手を出したりっていうのは柏より落ち着いて見えました。
煽りに来ても「いえー!」みたいな感じに盛り上がるけど
「きゃああああ!」って手を出す人は少なくて、とてもいい空気。

トーキョーイミテーションは、やっぱり永田氏メインで見て。
指が本当に、踊るようを通り越して、魔法のようで凄い。
結構空気に酔ってたようで、陽炎で歌詞間違えまくる中田氏。
でも間違えても平然と微笑んでられるって、成長してていいなぁ。

サイレンスはやっぱりI don't knowって言ってました。
感情なんて、ないぜ!と叫ぶ中田氏。
下北のサイレンスは、すごい世界に入り込んでました。
鬼気迫る表情、迷いのないアクション。
こうやって表現する曲なんだっていう自信があったように見えました。
間奏でがっくりと膝をついて、うつろな目でぐるりと見回す様子。
あれは完全にスイッチ入ってて、ぞくぞくしました。
椿屋四重奏ってやっぱり、愛憎劇なバンドなんだなぁと。
一曲の中に何かしら物語があって、それをみせてくれるんだなぁと・・・
どっぷり、染め上げられた気分でした。

愛憎タイムはもう「ヤスタカタイム」とか名前かえるべきです(笑
柏参加者がやり口分かっててノってたんで、妙に盛り上がってました。
ヤーヤーヤーをやり切って両手挙げてる中田氏見てると
本当にチャゲアス好きなのねってしみじみしてしまいます(笑

螺旋階段、踊り子、空中分解。
ここはかなりの激戦区でした、楽しかったし怖かったし楽しかった。
やっぱりここではヘドバンしてしまいます。
がんがん頭振って、ふらふらになりながらワーってなると最高。
演者側的には微妙なのかな、そっちのけでヘドバンは。

紫陽花はしっとりと聞かせてくれました。
この曲はやっぱり大事な曲だね、今後も沢山歌って欲しい。
去年わたしが一番沢山生演奏で聞いた曲だと思うんですけど。
何度聞いても、どこかが心に染みると言うか、触れるというか。
今後でっかくなったとしても、大事な曲ですって歌ってほしいです。
つくりとかシンプルなのに、じわーって染みてくるんですよね・・・

君無しに関してはノーコメでも伝わると思います。
メンバー全員楽しそうにやってるってすばらしい。
この曲は、ヤスタカ氏加入後の椿屋なんだろうなぁ。
彼がサポートしなかったら、こういう引き出しは出来なかったような。



アンコールでは小寺氏サプライズがありました。
3/28、演舞当日が小寺氏30歳の誕生日だったんですね。
いつも通り小寺氏から入って来て、中央のマイクでちょこっと。
おめでとーとか言われて、30歳になりましたーみたいな。
で、普通にヤスタカ氏、永田氏と出てきたところでヤスタカ氏が
「じゃあ歌いましょうか」とか言って、誕生日の歌を。
「To YOU」のところが全部「りょうちん」に変わってました。
りょうちんりょうちん言いすぎ感もありましたが、暖かかったです。

200人のハッピーバースデーにちょっと小寺氏も感動してた様子。
歌の途中でタオル持ち出して、顔に当てて照れたりして。
タオル顔に当てながら「泣かねーぞぉ!」って叫んでらっしゃいました。
ヤスタカ氏&永田氏の伴奏で歌ってたんですが、最後はもう照れ隠しで
小寺氏も参加してバカスカ叩きまくり、歌の終わりに中田氏登場。
いちごのショートケーキ、上にチョコプレートで「おめでとう珍さま」
ろうそくふき消して、食え食えみたいな流れになり。
珍さまのプレートを手づかみで男らしく齧る小寺氏。拍手喝采。
「どうですか、三十路の味は」と中田氏に聞かれて一言「甘い!」
非常におめでたかったんですが、本当に照れてたんですよ、小寺氏。
小寺氏はいつもでんとおっきく構えてる印象だったんですけど。
照れて顔を赤らめつつ、若干涙目な小寺氏は微笑ましかったです。
プレート食べたらクリームついちゃったらしく、手袋ポイ捨てして。
いつも異常に男らしい振る舞いが、照れてるんだなーと(笑

中田氏から改めてお祝いの言葉があって、30歳の抱負はと質問。
照れつつも「日本一のドラマーになる。これからも精進します」と。
とっても力強い30歳の誓いでした、ちょっと感動・・・
そして一応通常のアンコールへ。
「今日は、小寺良太のためだけに歌います」という言葉でプロローグ。
みんな心底幸せそうな顔をして演奏してました。
誕生日とかってやっぱ、こういう暖かいものなんですね。
風の何処へにAXへの気合みたいなものを感じながら。

幸せな演舞だったので、そこで終わりでも文句は無かったんですが。
歌をもう一曲聞かせてくれるならとWアンコール。
出てきた中田氏はほとんど何も語らずに、トワを聞かせてくれました。
これは本当に神がかってて、驚くくらい綺麗な歌だった。
何度も聞いてるけど、去年の横浜で聞いて驚いたくらいの
そのくらいに声が伸びて、感情が篭ってて、綺麗だったんです。

トワの神がかり具合も、サイレンスのスイッチ入った版も
楽しそうだった様子も、小寺氏の誕生日サプライズも
ともかく終始いい空気で、参加できてよかったなぁと思いました。
そして三公演のラスト渋谷AXへと繋がっていきます。



そうだ。
衣装ですが、基本柏と一緒でした。
ただ、中田氏のインナーが白いTシャツになってました。
細かい黒い線が雨みたいにざーっと縦に入ってるTシャツ。
それで、ジャケットの一番上のボタンを閉めてずっと着てました。
それから、柏で見えなかった小寺氏の下半分ですが。
黒の、ジッパーが沢山ついたパンツに黒のスニーカーでした。
白ベルトに細身の黒パンツがかなりかっこよかったです。

あと、MCの事。
本当にやりたい事、作ろうとした音じゃなくて出てくる音を鳴らすみたいな
そんな感じの事を結構じっくりしゃべってました。
もう艶ロックとかにもこだわらずに。
艶ロックは艶ロックなんだけど、そういう言葉にこだわらないらしい。
でも「エロ」は大事なんだそうな(笑
中田裕二の真ん中にあるのは「ロック」みたいですね。

エロの話の時、永田氏がエロい!とかなんかそういう話になって。
「スケコマシです」と言われて永田氏首をぷるぷる振って否定。
でも「ヤスタカよりエロい」と言われたら微笑してうなずいてました。
そこから推測するエロ度
中田氏<小寺氏<ヤスタカ氏<永田氏
(あくまでも個人的なイメージ)

中田氏永田氏が非常にご機嫌で、エロエロ言っても許されるムードでした。
でもエロいって言われてうなずかないで欲しかった(笑



01.砂の薔薇
02.幻惑(新)
03.群青
04.舌足らず
05.波紋
06.手つかずの世界
07.成れの果て
08.トーキョーイミテーション(新)
09.春雨よ
10.陽炎
11.小春日和
12.熱病
13.サイレンス(新)
<愛憎タイム>
14.螺旋階段
15.踊り子
16.空中分解
17.紫陽花
18.君無しじゃいられない

en
<小寺誕生日サプライズ>
1.プロローグ
2.風の何処へ

en2
トワ(弾き語り)
【2006.03.28 Tuesday 00:00】 author : ミオ
| 椿屋四重奏 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/45
トラックバック
KJ@シュレネコの2006年6月オススメsong 第1弾発表♪♪
コンバンワ! シュレ箱リーダーの皆さん、オススメsong の時間でございます。
| シュレディンガーの大きな箱 | 2006/06/02 11:16 PM |