邦楽中心雑記

すっかり更新停滞中ですが
相変わらずあちこちライブ中心生活
ACIDMANを軸にのんびり行ってます
 
<< Getting Better〜10th Anniversary Special〜 | main | FACTORY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.01.31 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
MAMALADE RAG/HEIWA REAL BEAT
毎月恒例、ニッポン放送の公開録音。
ちょっとした感想は追記にて。
なんとなく音源は聞いてましたがきちんと聞くのは初めてだったママラグ。

いつもは有楽町イマジンスタジオにて収録なのですが
今回はHEIWAの本社ビル地下にあるスタジオTANTAから。
どうやらHEIWAの偉い人が音楽好きで、趣味で作ったらしいです。
わたしもお金持ちになって趣味でスタジオ作りたい(笑
しかもまあ、イマジンほどの広さや設備は無いにしても
扇形のスタジオはなかなかオシャレで居心地がいい感じ。
イマジンでの収録ではオールスタンディングでしたが
今回はスタジオの広さとアーティストの楽曲にあわせて、着席でした。

やー、今までのお客さんたちとは確実に客層違いましたね。
このイベントの常連になってから興味深いのは
やっぱり客層とアーティストって関係あるんだなーってことです。
ロストファンは穏やかな空気だったし、ランクファンは明るかったし
メイニアは元気一杯で、bonobosファンはゆるーっとした感じ。
ママラグのファンの人たちは、カフェで読書してそうな女性たちでした(笑
なんかちょっといつもより落ち着いた空気でね。

前座?前説?としてやっぱり渋谷氏が出てきてご挨拶。
お決まりの言葉以外に今回はママラグへの激励も。
才能も技術もあるのにこじんまりしてて理屈っぽいから勿体無いとのこと。
ファンが甘やかしてるから駄目なんだーとおっしゃる渋谷氏。
来てるファンの皆さん苦笑い。
そりゃあファンというのはアーティストに甘いもんなんですよ。
だって惚れてるんだもの。仕方ないですよ。惚れた弱みってやつ(笑
何でも肯定とかまではいかないにしても。
とりあえず渋谷氏はママラグが好きなんだろうなーと思いました。
親みたいな激励の仕方だったので。ある種の愛ですよね。

さて、演奏なんですが。
後で見てた上に演者側も座ってたので視野は余りよくなく。
キーボードとギターだけ見えたかな。
全体通して緩やかな空気で、すごくオシャレな感じでした。
どの楽器も綺麗に聞こえてきて、心地よく・・・
疲れてる時に聞いたら癒されそうな音楽。
ただ、ステージ見えない状態で一時間半弱座って聞いてると
後半だんだん疲れてきまして(苦笑
せめてこう、演者の手元とか見えたら違うんですけど。
お茶とか飲みながら、ゆったりのんびり聞きたいかもしれない。
声の感じとか凄い心地よかったので、その辺は好きでした。

今回のスタジオよりやっぱりイマジンがすきですねー。
そしてモノにはよるけどやっぱ立ってたいなぁ。
座りで聞くならママミルクみたいな、あーゆー系希望。
渋谷さんの番組で取り上げる系列ではないか(笑
さーて、来月はどんなアーティストを引っ張り出してくるのか。
とりあえず来月も当選したらきっと参加しております。期待。

セットリストは順不同で。

目抜き通り
恋におちたら
風にゆられて
街灯

朝焼け
悲しみにさようなら
消えた恋
菜の花
夜汽車

カバー2曲
(ビートルズのレコーディングに参加してるピアニストの曲?とか。
 ド忘れしましたがもう一曲はダバダバ系でした(笑

en.ワトスン
【2006.05.21 Sunday 00:00】 author : ミオ
| Radio | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2012.01.31 Tuesday 00:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tbkq.jugem.jp/trackback/65
トラックバック